上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなく、書きたくなったので書きました。
※内容は至って暗いのでご注意下さい。


高校は自転車で40分の所にありました。
その高校を選んだのは、ただ単に
「学力が丁度良かったから。」
制服も可愛かったし。

中学のころ仲良かった子(仮にA)も、何故か一緒だった。
お互いに放任主義ぽくて、高校のことは何も話さなかったのに。

それなりに友達が出来た。
席が近い子とか。
好きな男の子とかも出来て。
まぁ告白とか何も無かったまま終わりましたけど。

Aとも同じクラスで、いつも一緒につるんでました。
高校1年は特に何事も無く終わりましたね。


問題は、2年のときに起きました。


自傷の復活です。


中学2年~3年ではやってるんですが、高校に入ってからは落ち着いていました。

きっかけとか、あったのかもしれないけど、覚えて無い。

ただ、6月20日でした。
それだけは今でもはっきり覚えてる。

兆候はあったんですよ。
日記の文章が、今見ると明らかに、暗い。
みんなに置いて行かれるとか死んだらどうなるかとか生きててつらいとか死にたいとか。
色々。

それで、切りました。
左腕の外側。
気づいたら、安全剃刀がぶち壊れてました。
腕から血が出てました。

切った記憶が無いのは、この時と、あと一回しかありません。
後はきっちり覚えてます。

そしてこの頃から、学校では妙なハイテンションで過ごすようになりました。
その反動か、家では非常に暗かったですが。

親に、家族に、友達に、知られるわけにはいかない。
なので夏は脚を切って過ごしました。
でも学校の制服が夏でも長袖のシャツ着用可だったので、体操服を着た時に見えなくなる二の腕は切っていましたが。


この頃、7月ごろ。彼氏と呼べるものが出来ました。
今思えば最高に情緒不安定で気持ち悪い迷惑な女でした。
そしてこの関係、どちらも告白はしなかったのに何故か付き合っていたという、不思議現象が起こっていました。
こんなのもアリなんだと学びました。

彼には、自傷行為のことは言っていました。
でも服を脱いだ時にまじまじと見られて、少し気持ち悪かった。
理解を示してくれました。
嬉しかったし、幸せだったのに、何故か自傷は止まりませんでした。

そして彼が留学することになって、
「また遊ぼうね」
と言って、別れました。
2月でした。
付き合ってなかったのに別れました。
こんなのもアリなんだと思った。


学校では、自傷の事は誰にも指摘されることなく、過ごせました。
思えば個人的な問題なので、みんな聞き出せなかっただけだったのかもしれません。

そして当然のように冬は腕切ってました。


高校3年になって、彼が死にました。
6月でした。
その時、ある人と少し付き合いました。
すぐ別れました。
私は人を傷つけました。


体育の授業はフォークダンスに入りました。
体育祭での発表のためです。

「半袖で男子生徒と手を繋ぎ踊る」という過程で、ばれない訳が無いですよね。
まあこの時も指摘はされませんでしたよ。
面と向かっては。

ちょっとした噂話なら耳にしましたが。

ひそひそ。

聞こえないとでも思っていたのでしょうかね?

まぁそんなこんなで。

ばれてました(笑)。


この頃、Aに自傷の事を話しました。

あとこの頃強姦された。


こんな微妙な生活をして、卒業しました。


Aとは今でも馬鹿なことやって遊びますし、楽しいです。
多分、彼女は一生付き合える友人。

なんか色々と書き忘れた気がします。
思い出したらまた書きます。
スポンサーサイト
01.23 (Tue) 16:07 [ 日々 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudberry4444.blog71.fc2.com/tb.php/111-961b7560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。